• .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .

カサーガラ・ラジャマハー寺院

アングナコラペレッサ地方議会管区内に位置しているカサーガラ・ラジャマハー寺院は、ランナ・ヴィーラケティヤ道路のランナ交差点から9.6キロメータのところにあります。アヌラーダプラ王朝期に建設されたこの寺院は、当時の王系や議員の誇りになり、提供を受け、6、745、000平方メートルの土地を寺院のために寄付されていました。この寺院に住んでいた僧侶の黄色い服は、寺院にあった岩の上に干すために置いてありましたから、その意味でこの寺院はカサーガラ(黄色い石)と言われているそうです。寺院がある土地には岩がたくさんあります。その名前の意味を書かれた碑文もこの寺院に置いてあります。

 

 ルフヌ・ギルワーパットゥワ内のタンガル寺院、キリウェヘラ寺院とカハンダーワ・プラーナ寺院に関係があるこの寺院構内に行われた考古学活動によって、歴史的に様々な時代に関係する重要な証拠が発見されました。歴史的な遺跡に関係する考古学的活動は考古学部門によって行っています。

 

 

 

カサーガラ・ラジャマハー寺院の歴史的な重要性

 紀元前3世紀に、デーワーナムピヤティッサ王の提供で、「デティスパラルハ」菩提樹を植えてから、カサーガラ・ラジャマハー寺院の歴史が始まると言う人もいます。紀元2世紀の碑文に寺院は「カチャガラ・パッバタ」と表示されていますが、ラハツという立場になった偉い僧侶がこの寺院に住んでいたことや仏歯は置いてあったとと書かれています。カーワンティッサ王(紀元前200~160年)は、ここに建物を建て、その後ダップラ一世王(紀元659年)とヴィジャヤバーフ一世(紀元1055~1110年)王などによってその建物を修復されたそうです。

 

キーリティ・スリー・ラージャシンハ王(紀元1747~1780年)はこの寺院に金色の仏像を寄付しました。当時は、仏歯の行列のお祭りも行っていたそうです。1、349、000平方メートル大きさの巨大の土地が王によってこの寺院の所有にされたので、この寺院は「ラジャマハー寺院」として有名になっています。南東部ギルワーパットゥワに位置しているこの寺院周辺の他の寺院よりも著しくなっています。

 

 

カサーガラ寺院の壁画

 キャンディ時代の南学派の職人によって書かれた壁画や像がカサーガラ礼拝堂の入り口、回り道、堂内の三つの場所に見られます。南式と中流式という二種類の特別な様式の壁画が確認することができます。

 

 ここの入り口の所の壁画は、仏の人生の色々な出来事を書かれた絵です。南式と中流式を代表するこの絵の染料、線、形などが利用されていることによって、壁画について詳細の意見を紹介されています。堂内にある仏像や壁画、入り口と回り道のそばに見られるガードストーンの像、伝統的な飾りやジャータカ・ストーリー(仏になる前に生まれた時の人生の話)を言う絵などがキャンディ流儀の南式を代表しています。欧米文化や新美術の影響もこの壁画は受けているそうです。

 


最終更新日: 8月 22, 2017