• .
  • .
  • .
  • .
  • .
  • .

挨拶

 

 

スリランカ民主社会主義協和国の大統領

 

マヒンダ・ラージャパクシャ殿の挨拶の言葉

 

 

早速世界へ

 

この国の若者は、出来るだけ通信や情報技術の分野を選ぶことを期待しています。将来、就職市場はその分野で決められうでしょう。それで、この分野の知識

 

を得るために若者たちにある機会を広げ、国の全てのサービスのためにも通信や情報技術を紹介します。

 

  • 主な25市に情報技術のセンターを設立します

 

  • 2016年までに情報技術の識字率は75%まで上昇します

 

  • 通信技術開発のための6段階の計画を実行します

 

  •  通信や情報技術のための公認施設を急速に設立します

 

  • この分野の法的に不十分なところを取り除くために、情報技術のための国家的企画はさらに実行します

2010年「マヒンダ発想将来の展望、38頁」

 

 

 

 

 アングナコラペレッサ地方議会の公式ウェブサイトを開始することをお祝いに発表された

挨拶の言葉

 

 

経済発展大臣ベシル・ローハナ・ラージャパクシャ殿のメッセージ

 

急速に発展している世界と一緒に歩むために、情報技術もその同じペースで発展させることは、全ての施設は実行するべきことになっています。経済発展省の下

の全ての施設とプロジェクトは、そのことを実現させると私は信じています。それで、スリランカの国民または世界中の人々にその情報を流れて行き、10年の開

発の企画の目標達成にそれは役に立つと思います。

 

 

 第2社会開発及び収入手段上昇プロジェクトの地方議会地域の村々間の開発計画の下で開発されているアングナコラペレッサ地方議会管区も、プロジェクトの指

導によって情報技術と一緒になって、公式なウェブサイトを開始することは素晴らしいと思います。それで、効率的にサービスを提供する施設になることができると

期待していると共に、その試みに私からも感謝の言葉を加えます。

 

ベシル・ラージャパクシャ

 

経済発展大臣

 

 

ハンバントタ地方国会議員弁護人ナーマル・ラージャパクシャ殿のメッセージ

 

 

 アングナコラペレッサ地方議会のウェブサイトを開始するこの機会に、感謝の言葉を加えることが出来たことは大変嬉しく思っています。現在、アングナコラペレッ

 

サ地方議会は物理的、技術的または行政の面で非常に進歩しています。また、住民により効率的なサービスを与える機会が来ています。

 

 

 マヒンダ発想と共に、村にも情報技術を与えることが目的としているこの新しい事業は、一番最初にハンバントタ地方アングナコラペレッサ地方議会で実行しようと

 

していることは本当に感謝することであります。また、それでギルワーパットゥワ地域の経済的、社会的情報は世界に紹介することも可能になります。それは、

 

我々の「アジアの誇りになる国」のテーマに向かっていることにも役に立つでしょう。

 

 このウェブサイトで情報を受ける施設または住民は希望しているサービスはより早く提供するために、アングナコラペレッサ地方議会の会長及び事務員が早速行

 

動に移ると思います。

 

ナーマル・ラージャパクシャ

 

地方コーディネート委員会の会長

 

 ハンバントタ地方国会議員

 

 

社会開発及び収入源上昇プロジェクト

 

プロジェクトの理事のメッセージ

 

 

マヒンダ発想将来の展望」国家的概念は実現させる、経済発展大臣ベシル・ローハナ・ラージャパクシャ殿の顧問と指導で実行されている「社会開発及び

 

収入源上昇プロジェクト」の地方議会の村々間の開発企画の下で発展されているアングナコラペレッサ地方議会管区も、プロジェクトの指導に従って、情報技

 

術を利用し、公式ウェブサイトを開始することが非常に素晴らしいことだと思います。このサイト通して自分の情報を世界に現すことで、良い行政原理に基づくこと

 

によって、住民に効率的なサービスを与えることが可能になると信じています。

 

急速に発展している世界と、情報技術でつながり、スリランカは「アジアの誇りになる国」にする大統領の国家的企画のパートナーになると思います。地方議

 

会の将来は良くなることを願います。

 

S.K.リヤナゲー(技師)

プロジェクト理事

経済発展省

 

 社会開発及び収入源上昇プロジェクト

 

 

最終更新日: 8月 22, 2017